展示・イベント

叢展 -それでも植物は揺るがない-

概要
作家・主催者 小田 康平<植物屋>
期間 2021年2月19日(金)~3月7日(日)
時間 9:00~18:00
備考 経歴
1976年 広島生まれ。
世界中を旅する暮らしをしていた20代の頃、旅先で訪れたパリで、フラワーアーティストがセレクトショップの空間演出を手掛ける様子に感動。
帰国後、生花と観葉植物による空間デザインに取り組むようになる。
数年がたち、画一的な花や植物での表現に限界を感じ始めていた頃、ある世界的アートコレクターと出会い、納品後に傷ついた植物を見て発した彼の一言「闘う植物は美しい」に衝撃を受ける。
以来、植物選びの基準を、整った美しさから、『いい顔』をしているかどうかに変える。
独自の視点で植物を捉え、美しさを見出した一点物の植物を扱うことを決心し、2012年、独自の美しさを提案する植物屋「 叢 - Qusamura 」をオープンした。
〝いい顔してる植物〟をコンセプトに、独自の美しさを提案する植物屋。 店主みずからが日本中を旅して集めた個性あふれる植物を、 その個体の特徴を引き出す器とあわせて提案する。
店名は、店主が植物を見つける場所を叢と呼んでいたことから、 普通の人にとってはただの草の群がりに見える場所に、 個性ある美しさが眠っていることがある。
『Qusamura』の〝Q〟は、「Question」からとったもの。
個性的な叢の植物たちに出合ったとき「これ、なに?」と、はじめに不思議を感じ、「?」から叢の世界観に入ってほしいという願いが込められています。