展示・イベント

展示・イベント
スケジュール

最新情報

  • 2019年12月17日・18日・19日 まもなく開催近日開催

    Special Sweets Time
    The Terminal KYOTO専属パティシエによる期間限定Sweetsイベント。
    季節の果実を使ったタルトやオリジナルケーキを楽しめる特別な3日間。
    12月はゴールドラフランス、黒甘柿、シナノスイートを使ったSweetsとワインとのマリアージュをお楽しみください。
  • 2019年12月16日(月)~2020年1月10日(金) まもなく開催近日開催

    【優しい媒体展】 -思いやりの相互作用-
    大阪府南河内の知的障がい者施設2施設が合同で行うアウトサイダーアートの展覧会です。
    彼等の他の存在への想像性と、自らを媒体として生み出す創造性はこれからの世の中に非常に大切なメッセージが隠されていると思います。
    彼等の日々の作品とのコミュニケーションをこの機会にぜひご高覧ください。
  • 2019年12月7日(土)・8日(日)

    町家でクリスマスのパンを焼く会
    シュトーレンは、クリスマスまでのアドベントの間に毎日少しずつ食べながら楽しむドイツの菓子パンです。
    また、その真っ白な形は白い産着に包まれた幼子イエスをイメージしているとも言われています。

    今年はシュトーレンショコラ。
    ベルギーチョコレートを贅沢に使い、オレンジ、レーズン、クランベリー、無花果など洋酒に漬け込んだたっぷりのドライフルーツと、マジパンの代わりにフランボワーズを加えたthe livre table オリジナルのフィリングで、リッチな大人のシュトーレンに仕上がりました。

    大切な人のために、クリスマスのパンを焼きませんか。
    お庭の紅葉を眺めながら特別な時間をターミナルキョウトで。
  • 2019年12月7日(土)

    京町家×Triyoga(トゥリヨガ)
    動く瞑想で本質が目覚めてゆく
  • 2019年11月2日(土)~12月1日(日)

    廣海充南子【日常曼荼羅】 ー追憶する日常ー
    日々の宇宙観を絵日記を書くような感覚でオリジナルの曼荼羅を制作している。曼荼羅は「日常曼荼羅」と名付け、日々の様々な縁を描いている。

    今回の展覧会のテーマは、<追憶する日常>
    『過ぎ去っていった日常を もう一度 追憶している。この感覚は 日々 懐かしく、愛しく、そしてとても切ない』

    いつの頃からか、まるでもう一度人生を振り返っているように日常を過ごしている。
    最期の瞬間に向かって、日々淡々と向き合って
  • 2019年11月2日(土)

    廣海充南子【日常曼荼羅】 ー追憶する日常の中での非日常ー
    廣海充南子【日常曼荼羅】展のオープニングイベントとして、3人のアーティストをゲストに迎えましてオープニングライブイベントを行います。
    ダンスの森田志保氏、等々力政彦氏の音楽、仙石彬人氏の映像が加わり、また新たな世界観を表現します。
  • 2019年10月26日(土)~10月27日(日)

    神無月の花会 -七草庵社中展-
    ふっと立ち止まり目をとめる そして景色を切り取ったような生け花を目指しています。
    七草庵の社中展も今回で8回目となります。彩り豊かな草花たちをどうぞご来遊下さい。
  • 2019年10月8・9・10日

    Special Sweets Time 
    The Terminal KYOTO専属パティシエによる期間限定Sweetsイベント。普段の喫茶メニューにはない季節の果実を使ったタルトやオリジナルケーキをご用意いたします。この日しか召し上がれない手作りのSweetsを是非ご堪能下さい。
    今回は葡萄、和梨、チョコレートをご用意いたします。そして新しい試みとしてワインとのマリアージュを楽しんで頂けるようシャンパーニュをご用意させて頂きます。
  • 2019年10月4日(金)~10月14日(月)

    ニュイ・ブランシュ/Villa Kujoyama in The Terminal KYOTO
    日本文化と「対話」したヴィラ九条山のレジデント13名が、「Ecouter la nature…」展を開きます。
    調香師ダニエル・ペシオによる香りに誘われ会場を進むと、イザベル・ルミン、ミモザ・エシャール、ユーゴ・カプロン、マリオン・ドラリュ、サミー・リオ、ローレル・パーカー&ポール・シャマールによる、
    作品や試作品の展示をご覧いただけます。
    2015年レジデントのミリン・グエンも、パブロ・サラン、山崎康とのコラボレーションで作品を展示します。
    ニュイ・ブランシュKYOTO当日は、リュズ・モレノ&アナイス・シルヴェストロによる料理イベントやバンジャマン・ベルトランによるダンスパフォーマンスもお楽しみ下さい。
  • 2019年9月16日(月)~9月29日(日)

    島上直子-遺された時間-
    いつも時間を感じながら制作している。
    流れゆく時間、重なり合う時間、時間はすべてに影響を与え 包んでゆく
    厚く塗り重ねられた絵画のマチエールにもまた 時間がある。
  • 2019年9月13日(金)・14日(土)

    まちちゃ
    裏千家茶道 鈴木宗那先生のお抹茶教室「まちちゃ」
    茶道は勿論ですが、ご要望に応じてお花や着付けも教えて下さいます。それは、一人一人に寄り添う「まちちゃ」です。安心してご参加頂けます
  • 2019年9月7日(土)

    獣貝草虫の博物誌 トークイベント/ ゲスト: 高田良二(西宮市貝類館学芸員)
    貝類に精通した高田良二氏(西宮市貝類館学芸委員)と共に、カタツムリが登場する絵画、彫刻、工芸について、美術と自然科学を行きつ戻りつしながら、ちょっと耳寄り情報?をお話しします。
    スクリーンに映像を映しながらお話いたします。
  • 2019年8月31日(土)

    獣貝草虫の博物誌 トークイベント/ ゲスト:チチ松村(ミュージシャン)
    変な生き物好きの共通項を持つ、ギタリストのチチ松村氏と、カタツムリの話題を中心に緩いトークをいたします。
    チチ松村作曲・河野甲作詞の新曲を、ウクレレ伴奏にてお披露目いたします。
  • 2019年8月29日(木)~9月10日(火)

    獣貝草虫の博物誌
    2019年9月、築100年の農家を改装し、 カタツムリに特化した私設博物館「ラセン館」をオープンします。
    それに合わせて、同館のメインとなるカタツムリのリアルフィギュア(実物の殻に標本化が困難な軟体部をリアルに再現して、生きている時の様子を再現したもの)を展示します。
    同時に、ラセン館の代表でもある造形作家の河野甲による、生き物にスポットをあてた新旧の皮革立体作品を展示いたします。
  • 2019年8月27日・28日・29日

    Special Sweets Time
    The Terminal KYOTO専属パティシエによる期間限定Sweetsイベント。普段の喫茶メニューにはない季節のフルーツを使ったタルトやオリジナルケーキをご用意いたします。この日しか召し上がれない手作りのSweetsを是非ご堪能下さい。
    今回は桃、無花果を使ったスイーツをご用意いたします。